So-net無料ブログ作成

最近はまたモズライトギターを使ってます! ~ベンチャーズ大好き [楽器]

今日は僕が使ってるモズライト・ギターのご紹介です。
僕は中学生の頃(35年以上前)からベンチャーズが大好きなんですよ~♪
バンド歴も30年以上で現在所属しているのも
勿論インスト中心のサーフロック・バンドです。
mosrite001re.jpg
ストイックにベンチャーズをコピーしてた20代は100%モズライトを使ってたんですが
この20年位は忠実なコピー演奏ではなく、オリジナルのイメージを壊さないように自分のバンドのカラーを出来る限りプラスした演奏でやっているので、昔と比べると
モズライトを使う頻度は正直かなり減ってきてました!
その理由は、いろいろあるんですが
僕はベンチャーズ以外のハードロックも好きで
特にヴァンへイレンのエディーが大好きなんです!!!
面白いもんで、尊敬するギタリストがベンチャーズのノーキー・エドワーズ、そしてV.H.のエドワード・ヴァンへイレン・・・ エドワーズにエドワード、
まぁ~ファーストネームとラストネームの違いはありますが。。。

このモズライトっていうギターはネックがかなり細くて
フレットの高さもかなり低いんですよ~
なので僕が大好きな初期のベンチャーズを演るには
メチャ弾き易いんです! なんですが、ヴァンへイレンのような
タッピングを多用する演奏にあまり向いてないんです。
うちのバンドのようにコミックバンドの要素が高いおちゃらけバンドは
色々なジャンルの曲を演奏するので、ライブなんかでは
自分のオリジナルモデルを使うことが多いんです。

しかし数年前にバンドメンバーが天国に行ってしまってから
バンドは活動休止になっているんです。。。
なので最近はちょっとしたイベントや宴会ステージで演る位
あとはYoutubeに上げる動画用に演奏することの方が多いんです。
そのんなこともあって最近はモズライトを使うことが何か多くなってきた感じです!

ストラトやレスポールなんかで演奏されている動画は結構ありますからネ。。。
勿論、僕もストラトやレスポールは大好きですよ~♪

で、本題の僕が普段使ってるモズライトですが
マニアの方ならすぐお判りだと思いますが、僕のモズライトは
高価なビンテージではなくパーツ関係をかなり載せ換えた
コンポーネント・モズライトって感じです!

mosrite002re.jpg

まず、ボディは90年代後半のUSAリイシュー
ネックは2000年代のフィルモア製(クラシックス)
ピックアップは10年位前にUSAから取り寄せてもらったモノで
パワーがめちゃあるタイプのヤツで、「♪ブルドック」なんかでの
ブリッジ外奏法でもかなり音を拾ってくれます!
フロントとリアのセットで5万円ちょっとしましたね~
ピックガードは今は無き「ワルツ堂」の塩見さんから買った
濃い目のべっ甲です。 最初に着いてたピックガードは
もろ べっ甲です!って感じのヤツだったので交換したんです。
VOL・TONEのノブは60年代後期のビンテージものをはめてます。
この古臭い感じの数字が書いてあるタイプが昔から大好きなんです♪
いろいろいじくりまわしてありますが、何だかんだ言って
このモズライトとはもう15年位のお付き合いですね~
ボディのパールホワイトもかなりヤケちゃってます♪
あとジャックの近くに謎のスイッチがありますが
このスイッチについては次回お話しますね~ お楽しみに!!!



-----------------スポンサーリンク ----------------














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0