So-net無料ブログ作成

僕のギブソン、枯れてます♪ ~やっぱ冬はアコギ! Gibson [楽器]

gibson1227a.jpg

コレは僕が15年位愛用してる1967年製のギブソンLG-1です。今年もミニメイトン同様 秋から結構出番が多くなってますね~♪ 手に入れた当時はビンテージギブソンアコギの相場がかなり高騰していたので、フレットがメチャ減っていてヘッドも角が欠けていたコイツでも18万円位したんです。近年はスモールギブソンの値段も結構落ち着いてるので、XブレージングのB25(1968年位のヤツ)の程度の良いモノでも22万前後ってトコですね~ 15年前でピックガードロゴ入りの1968年製だと30万近くしましたからネ♪ このLG-1もフレット打ち直しで結局トータルで24万円位になっちゃいましたから。。。さすがに50歳のギターですからサウンドは超枯れてますよ~ 長い付き合いで今では手離せないギターのひとつですね~♪

------- スポンサーリンク ------- ----------------------------------------

gibson1227b.jpg

ちなみに、アコギにあまり詳しくない方のためにお話しますネ♪ B25とLG-1は見た目ほとんど同じ様に見えるんですが、ボディ内部のブレージング(力木)の構造が違うんです。B25はXブレージングを採用してあり、小ぶりなサイズの割りにかなりガツン!とした音で鳴ってくれるんです♪ 一方、僕のLG-1はギブソンアコギの中でも廉価版的な存在でラダーブレージング(ハシゴ構造)なんです。Xブレージングと比べると簡単な構造なので、その分値段が安いんです。しかし単に安いモデルだからダメということではなくて、その単純なブレージングの構造だから出せるドブ臭い乾いたサウンドがあるんです。ミュージシャンの中には敢えてラダーブレージングのLG-1を好んで使ってる人も少なくないんです。ビートルズのジョンレノンが長年愛用していたJ-160Eも実はラダーブレージングなんです。まぁ~あのモデルに関してはハウリングを抑えるために敢えて鳴りが悪いラダー構造と合板トップを採用してあるんです。僕も一時期リイシューの160Eを使ってたことがあるんですが、正直鳴りませんでした! しかしビートルズサウンドを再現するためには外せないギターですからね~ ジョンも本来のアコースティックギターとしてではなく、パーカッション楽器として使っていたんですね~♪ その160Eより前に存在していたエレアコがB25やLG-1と同じサイズのカッタウェイモデル、CF-100Eなんです。あのギターもほんと高いですよね~ リイシューで35万円前後しますからネ! そこまで出すならあと20万出してビンテージを買ったら?って思うのは僕だけでしょうか? ビンテージCF100Eといえばやっぱ「かまやつさん」ですね~ CF100Eはスモールボディのエレアコ仕様ですが、アイツはほんとメチャ鳴りますよ~♪
gibson1227c.jpg

Gibson CF-100E

------------------スポンサーリンク-------------------



------------------スポンサーリンク-------------------



※上記の商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。


------------------------------------

売れてる人気の増大サプリ!





----------------------------

[わーい(嬉しい顔)]投稿翌日、他の友人からLINEが結構入りました! やっぱ何だかんだ言っても、気になる話だったようです♪



------------------スポンサーリンク-------------------

そろそろ真剣に取り組んでみるのも、、、



-------------------------------

大人も子どもも、バンダイ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。