So-net無料ブログ作成

断捨離・だんしゃりして3年経って分ったこと♪ +バレンタインあるある [生活]

---------- スポンサーリンク ----------


--------------------


3年ちょっと前、「断捨離」にチャレンジしてみたんです。「だんしゃり」っていう言葉を聞いたことが無いなんて方はいないと思いますが、実際にやったことがある方は少ないんじゃ~ないでしょうか? 僕はサラリーマン時代、転勤族だったので極力モノを増やさないような生活をしてたんですが、結婚後定住地が安定し始めた頃からどんどんモノが増えていったんです。 脱サラ・起業して今年で20年、25年前独身に戻ったこともあって気が付いたら身の周りはモノで溢れかえっていたんです。正直今もですが、、、
shock-0213c.jpg

そんなこともあって3年位前に断捨離(だんしゃり)に踏み切ってみたんです♪ ターゲットはメインの趣味である楽器関係、その他だと時計とか本ですね~ で、その3年前に売却処分して300万円位のお金になったんです。(2ケ月で) ビンテージものも多少あったので収益全体の8割が楽器関係でしたネ♪ その次が時計とかモデルガンですね~ 専門誌なんかの書物も結構あったんですが二束三文って感じだったのでほとんど知り合い関係にプレゼントしてました。本関係はお金というより持ってるだけで場所を結構とっちゃってたんで処分後は精神的に軽くなった感じになりましたよ~ 本の処分は超おススメしますね~ 手離す前に必要な記事や画像はスキャンしておいたので3年経った今でも悔やんだことは一度も無いですネ♪ 勿論「これは!」っていう思い入れのある本はちゃんと残してありますよ! で、この3年で判ったことは、やはり若い頃から長年やっているメインの趣味の楽器(ギター)関係は現時点でほぼ断捨離と変わらなくなった!ということです。おかげさまで本や時計は増えてないんです。時計に関しては現在も18年愛用している写真↑のタグホイヤーとジョギングの時に使うセイコーの安いクロノ2本、あとは10年位箱に入ったままの昔仕事関係でプレゼントされたデイジャストだけ。数本あったタグホイヤーも全て売却したんです。タグは結構高値で買取ってくれますよ~ ということで僕にとって楽器は今後も生きていくためのモチベーションを保つために必要不可欠なモノだったということなんです。
shock-0213a.jpg

断捨離後、ブランドの時計にはほとんど興味がなくなったんですが機能的で価格から考えればお値打ち感の高いG-SHOCKへの熱が最近再燃してきましたネ~ ギター仲間でもGショック好きのヤツ結構多いんですよ~ 先日も友人との雑談で「もし何かプレゼントされるとしたら何が?、、、」って話で「Gショック」っていうヤツがいましたネ♪ なんか解りますね~ 買おうと思えばすぐ買える値段だしプレゼントされたとしても重荷に感じないですから、、、 で、プレゼントされたら超うれしいモノのひとつだと思うんですよ~僕も♪ Gショックを嫌いな男性は少ないんじゃないでしょうか!? 明日のバレンタインデー、本命さんにチョコレート+Gショック!どうです。。。 たぶん、ウマくいくと思いますヨ~ 金銭的に余裕があるから、、、といって高価なブランド時計は絶対引かれると思いますネ。これ実は僕の意見ではなく30代の友人が言ってたんです。それとプレゼントの前倒し渡しも引くらしいです。本命に一番効くのがバレンタインデーが終わった後日みたいです。僕らオジサンになるとバレンタインデーも義理のオンパレードですから何の期待も無いんですが、若い男性は毎年もらってなくても「ひょっとしたら、、、」って常に考えてるみたいです。で、当日もらえなかったら「やっぱ今年もか~」って思いますよね! そこでガッカリした後日、プレゼントされたら嬉しさが倍増するらしいです。プレゼントって渡す方は「イベント当日」にこだわるでしょ~ 勿論、もらう方もそうなんですが、嬉しさだけで言えば数日後でもゼンゼンOK! かえって効果があるようです♪ といって数ヵ月後じゃ逆効果になるかも知れませんが。。。
shock-0213b.jpg


------------------amazan スポンサーリンク-------------------

-------------------------------------




-------------------------------------


工具型チョコレート↓


※上記の商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。



----------------------------------------

楽天 スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。