So-net無料ブログ作成

拳銃強奪事件、正直怖いです! ~本物のピストルの怖さ [生活]

---------- スポンサーリンク ----------


--------------------


大阪府吹田で起きた先日の事件、正直怖いですネ~ 僕は刑事ドラマ「太陽にほえろ!」の影響で小学生の頃からモデルガンが好きになり、中1の時夏休みの研究課題で「拳銃のしくみ~歴史」という内容でクラスで優勝した経験があるんです。僕のように海外旅行で「実弾射撃」の経験がある方ならお判りだと思いますが、ホンモノの拳銃を撃った時の反動ってものすごく強烈なんです。勿論、拳銃の種類や使用する弾でその反動にはかなり差がありますが、、、
model-g0617a.jpg

これ↑は今は無き玩具メーカー「コクサイ」のモデルガンM60っていう拳銃。米国S&W(スミス・アンド・ウェッソン)チーフスペシャルM36のボディ仕上げ違いのモデルなんです。先日強奪されたお巡りさんの拳銃もS&Wで、モデル名が「M360Jサクラ」、M36をベースに日本向けに作られた拳銃なんです。装填数は5発、弾のサイズ(口径)は38口径。★口径・・・1口径は100分の1インチ(ミリ)、つまり25.4mmの100分の1→0.254mm なので38口径拳銃の弾丸径は約9.6mm。 このサイズを聞いて「なんだ~そんなに小さいの~、、、」って思う人もおられるでしょうネ! 6年前「王将社長」射殺に使われた拳銃は25口径、つまり38口径の拳銃なら十分に人の命を奪える威力があるんです。 弾丸、つまり弾のアタマには形状の種類がいろいろあって、貫通性重視の一般的な「フルメタルジャケット」、標的に大きなダメージを与えるための「ホローポイント」、このホローポイントは先端がすり鉢状になっていて命中すると弾頭がキノコのように炸裂するんです。つまり標的の体内組織をめちゃめちゃに破壊し死に至らせるわけです。主に狩猟用に使われます。 今日は拳銃についてのウンチクをたれるつもりは全くないんですが、普通の人(特に日本人)は拳銃の怖さについてあまりにも無知過ぎると思うんです。テレビドラマの影響が大きいと思うんですが、銃撃シーンで片足を撃たれ傷口を押さえてビッコを引きながら歩いてますよね~ 正直、ムリです! もし人に拳銃の弾が当たった場合は、弾の種類にもよりますが歩く歩けないの次元の話では無いんです。例えば9mmの弾丸が当たった傷口(入り口側)はその弾サイズとさほど違いが無い穴なんですが、出口側はその数倍にも拡がるんです。単純に出口が拡がるということではなく「中の組織を破壊して、、」外へ出て行くんです。同じ口径でも火薬量が多い「マグナム弾」の場合、至近距離で食らえば「足が無くなる」こともあるんです。頭なら「スイカ割り状態」なんです。 このように拳銃の怖さをちゃんと知っていれば「強奪」や人に向けて銃を撃つなんてことは、減るんじゃないかと思うんです。逆にその「威力」が判っているから「強奪」するのかも知れませんが。。。海外の戦場映像なんかを視ればその怖さがよく解ると思います。ライフルで狙われると数キロ離れたトコロでも頭部に当たれば「首から上は全て無くなります!」 動物をエアーガンで撃ったり、ボウガンで鳥に矢を放つ行為も人を拳銃で撃つのとほとんど同じコトなんですよ~  ★映画「蘇る金狼」で朝倉(松田優作)が言うように「弾は一番抵抗の少ないトコロを抜ける性質がある!」んです。なので弾の入り込む角度や条件によっては助かることもあるんです。逆に一度何かを貫通して飛んできた弾なんかは方向性を失ってますから怖いんですよ~ ★流れ弾。拳銃が盗まれるなんてことは絶対にあってはならないコトですが、最悪の事態を想定して「拳銃にGPS」っていうことも必要になってくるかもしれませんネ~

------ スポンサーリンク ------




美尻エクササイズ : 2019年6月10日投稿記事(当ブログ)

★よかったらメインブログakn5.comものぞいてちょ~だい♪

メインブログのサイトマップ

★僕の別冊ギターサイト・ゴーゴーエレキ

------------------amazan スポンサーリンク-------------------


-------------------------------------



-------------------------------------



※上記の商品リンクはアマゾンアソシエイトを使用しています。


----------------------------------------

楽天 スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。