So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ルパン3世「カリオストロの城」、また観ちゃいました♪ ~ワルサーP38 [映画]

先日「金曜ロードショー」で「ルパン3世 カリオストロの城」をやってました。勿論、観ましたよ♪ かなり前に録画したDVDも持ってるんですが、何か毎回放送する度にリアルタイムでTV観ちゃうんです。。。 カリオストロ、、、といえば映画が公開されたのは1979年、僕が高校生の時ですからもう30数年も前なんですよね~ アニメといって、やはり名作と言っていい作品のひとつだと思います♪ その主人公であるルパン3世といえばやはり愛用の銃ワルサーP38。カリオストロでは後半 機関部に入ってすぐレーザーで溶かされてしまうんですが、ルパンを語るには必須のアイテムですね!
model0121b.jpg

このワルサーP38というのは、1983年ドイツ軍の正式軍用拳銃として採用された名銃なんですが、さすがに古い銃で構造的な欠陥も多いんですが未だにファンの多い銃ですね♪ 僕はマニアではないんですが、モデルガン歴は結構長くて小学生の頃からですから、もう40数年、、、 中学1年の時、夏休みの自由研究で「拳銃の構造と歴史」と言うタイトルでクラス代表に選ばれました。学生時代、クラスのトップになれたのは後にも先にもこの自由研究だけなんです。★1975年頃、ワルサーP38の実銃価格は確か3万円台後半だっと記憶してます。同時期、スミス&ウェッソンのリボルバー(回転式)銃 M29-44マグナムが5万円台でした。S&W-M29はP38のようなオートマチックみたいに構造は複雑ではないんですが、強力なマグナム弾を撃つための肉厚なボディ構造から原材料費にお金がかかっていたんです。
model0121a.jpg

S&W-M29は僕も大好きな銃で勿論モデルガンも持ってるんですが、武骨なフォルムのM10も昔から大好きなんです。写真↑はコクサイ製のプラスチック・モデルガン。このコクサイM10は近年のモデルガンのような高価なブルーイング処理は施してなくて比較的気軽に買える値段のガンなんですが、僕が持っているリボルバーの中ではダントツに動作が快適なんです。同じスタンダードシリーズのM29やM19よりもシックリ、スムーズな動作なんです。コクサイのM29は結構動作不良多いんですよね~ 

------- スポンサーリンク ------- ----------------------------------------

model0121c.jpg

↑ワルサーの上段に写ってるのはコルト1911A 通称「コルト・ガバメント」、このガバメントはワルサーP38よりもっと古い1911年(アメリカ)にできた銃で、オートマチックガンとしては一番有名な銃かもしれませんね~ 昭和のオモチャ「銀玉鉄砲」のデザインはほとんどがこのガバメントを基に作られていたんです。元祖 2人コンビの刑事ドラマ「俺たちの勲章」で五十嵐刑事(中村雅俊)が持っていたのがこのガバメント(MGCモデルガン)、ちなみに僕が尊敬する松田優作先演ずる中野刑事が愛用していたのはS&W-M29(MGC)でした。★毎度のことなんです、TVでルパンがやった後は友人からワルサーの話が出るんですよ~ 当時、ワルサーP38はパーツを別々の工場で作り、最終的に1丁の銃として組み上げるカタチだったので、各パーツを作っていた工場の人は何の部品を作っているのか判らなかったという話もシッカリさせられるんですよ~ 僕が持ってるP38はマルゼン製のガスガンで、動作がなかなか軽快なので気に入ってるんです。まぁ~今の寒い時期、正にガスガンにとっては「冬の時期」なんですが。。。

------------------スポンサーリンク-------------------


-----------------------------------


------------------------------------

売れてる人気の増大サプリ!





----------------------------

[わーい(嬉しい顔)]投稿翌日、他の友人からLINEが結構入りました! やっぱ何だかんだ言っても、気になる話だったようです♪



------------------スポンサーリンク-------------------

そろそろ真剣に取り組んでみるのも、、、



-------------------------------

大人も子どもも、バンダイ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

不倫ではない! [映画]

lecon1011.jpg
先日知り合いから「なんかおススメの映画ない?」って訊かれました!
僕が古い映画を好きなのを知っててのことなので、
その知人もたまには・・・って思ったらしいんです。
確かに近年の映画やドラマは展開が複雑なものが多くて
面白いんだけど何か疲れちゃうんですよね~
僕が古い映画が好きなのは、登場する風景や建物、車なんかを観ているだけでその当時にワープできちゃう感じがたまらないんですよ~ それと何よりもストリーがストレートでシンプルなものが多いことなんです!
ジュリアロバーツとリチャードギアの「プリティーウーマン」や
ヒューグラントの「ノッティングヒルの恋人」とか・・・
特にジュリアロバーツのファンということはありませんが。。。
で、今回その知人に薦めたのが
ナタリー・ドロンルノー・ヴェルレー主演の「個人教授
これは1968年のフランス映画なんですが、主演のナタリー・ドロンは
あのアラン・ドロンの元妻なんです♪ めちゃキレイだった。。。
映画公開時、勿論僕は子どもで映画って言えばゴジラの「東宝○○○まつり」ぐらいしか興味もありませんでした。 で、この映画を初めて観たのはTVの吹き替え版だった記憶があるんですが、内容はほとんど憶えていませんでした! その十数年後、レンタルかなんかで観て一発で好きになりました。 劇中で流れる音楽も最高! 内容は18歳の青年が偶然知り合った年上の女性と恋におちるお話なんですが、その女性にはレーサーの恋人がいるんですが、その彼とは不仲で・・・。 そして青年と女性のお付き合いが始まるわけですが、揺れ動く女性の気持ちや男女のかけ引きが・・・。 最後は青年が女性のために身を引くという切ないストーリーなんです! ★恋愛中の人も、そうでない人も絶対観てほしい映画のひとつですね~♪


-----------------スポンサーリンク ----------------







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■










■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画